子供は注意!どんな症状?溶連菌(ようれんきん)って何?

子供の喉を触る医師

「溶連菌(ようれんきん)」をご存知でしょうか?名前を聞いたことはあるけれど、具体的な症状がわからないという方も多いと思います。溶連菌は5歳から15歳にかけて、感染が広がりやすい病気の一つです。

子供がかかりやすい病気ですが、大人がかかることもありますのでお父さん、お母さんも要注意が必要ですよ!今回は「溶連菌」についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

なんだか「のど」が痛い気がする…?

お子さんに「のど」が痛いよ、と言われたことはありませんか?その場合、お子さんの「のど」の中でウイルスが暴れ、炎症を引き起こしている可能性があります。

中でも怖いのが「溶連菌」と呼ばれる病気です。溶連菌は正式には「溶血性連鎖球菌」と言います。溶連菌は子供に発症するケースが多いのですが、大人もかかってしまう恐ろしい病気なんですよ。

中でも、この溶連菌は「人食いバクテリア」の異名を持ち、重症化してしまうと最悪の場合には死に至ってしまう場合もあります。

たかが、のどの痛みで…と思う方もいるとは思いますが、溶連菌は「重症化してしまうおそれのある怖い病気」として頭の中に入れておいていただきたい病気です。

溶連菌の症状と感染経路

溶連菌の主な症状は「高熱が出る」「のどの痛みが出る」「舌にぶつぶつのようなものが出来る(いちご舌)」「体に小さな発疹がでる」です。風邪の症状とは違い、発熱はしますが咳や鼻水は出ません。

また、溶連菌には潜伏期間があり、溶連菌にかかってから「2~5日程度」で発症します。溶連菌は人間の出す唾液などで伝わる「飛沫感染」によって感染してしまいます。

スポンサーリンク