子供の宿題の量が多い?ストレスにならないための解決法

山積みの教材と子供

子供が学校から帰ってきて、真っ先にやらせるものといえば宿題ですよね。しかし中には子供にとって宿題が多いのではないか?と感じている親もいるようです。

宿題が多くて子供に負担になっている場合の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

宿題の量はみんな同じ

自分の子供の宿題が大変そうだなぁと感じる親は、少なくありません。親にとって子供が頑張っている姿は応援したくなる半面、心配したくなることになります。

子供にとって若しかしたら宿題が多すぎるのではないか?と先生に意見をしに行きたいところですが、実際にはクラス全員が同じ量の宿題をやっているということなのです。

宿題の量が多かったとしても、それは他の子供も同じ量をこなしているということです。それでまだ苦情が出ていないようなら、それはみんなにとって普通のレベルだということになるのです。

量が多いのが問題ではなく、子供の勉強へのやる気や姿勢が問題になってしまっている可能性がとても高いです。子供が勉強のスイッチをオフにしている時間が多いのかもしれません。

子供の宿題をスムーズに終わらせる方法1.時間を決める

子供の宿題をスムーズに終わらせるためには、時間を決めるという方法がとても大切になります。まず子供に何分間で問題を解かせるところから始めていきます。子供がわからなかったところにずっと悩んでも、時間がかかってしまうだけかもしれません。

そういった時は、時間で区切って一旦答え合わせをしましょう。答えを見ながら間違えたところやわからなかったところをチェックするようにしましょう。わからなかった部分はわからなかったままにせずに、その後最後にもう1度わからなかった部分だけ重ねて学習するようにしましょう。

スポンサーリンク