劣等感が強いわが子…克服する方法はある?

友達に指をさされる男の子

子供にはできるだけ明るくて元気に育ってほしいと、親ならば誰もがそう思うはずです。自分の子供が自分に対して劣等感を感じてしまっているようなら、心配ですよね。

劣等感が強い子供の原因と、その克服法についてご紹介します。

スポンサーリンク

劣等感が強くなる原因

子供の劣等感が強くなってしまう原因は、過去に自分に自信がなくなるようなトラウマがあるということです。子供の年齢にもよりますが、段々と同じくらいの年の子と関わるようになってくると、色々な事がおこります。

その中でもしかしたら、誰かに何かを言われた経験をもっているのかもしれません。そういった経験は子供にとって色濃く残りやすいです。そういうことが何回かあったかもしれません。そして、トラウマになってしまっている可能性が高いです。

子供は自分を否定される経験は強く認識してしまいます。そういったことが何度もあると、劣等感の強いマイナス思考な子供になってしまいがちです。

子供の劣等感を克服する方法1.解決策を考える

子供の劣等感を克服するためには、自分を責めるのではなく、解決策を考えるように動くということです。子供はどうしても「自分はダメなんだ…。どうせダメだ…」という思考になってしまいます。

しかしここでそういう考えが出てきたら、「自分でもできるようにするにはどうすればいいか」を考えていくことにします。

子供の中で自分を責めてしまいそうになったタイミングで、解決策を考えるように習慣づけることが大切です。こういった志向の変換を常に意識させることが大切になります。

子供の劣等感を克服する方法2.他人のために何かをさせる

子供の劣等感を克服する方法の2つ目は、他人のために何かをするということです。子供は自分の殻に閉じこもってしまったせいで、劣等感を抱いてしまっています。この劣等感を少なくするためには、誰かに感謝されるという経験がとても重要になります。

スポンサーリンク