学校行事に参加したいけど仕事との兼ね合いが大変!みんなどうしてる?

運動会のかけっこ

子供の大切な学校行事には参加してあげたいと思う親御さんがほとんどだと思います。しかし、中にはなかなか休みが取れないという人もいると思います。

学校行事に参加したいけど休めない時、子供にどう話しているのでしょうか?できるだけ子供を悲しませないための対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

低学年の頃はできるだけ参加すべき

子供が低学年の頃の学校行事は、まだ子供にとっても寂しさを感じてしまう時期です。できるだけ仕事に都合を付けて、学校行事に参加している親御さんが多い様です。子供にとっても周りの親御さんはきているのに、自分の家だけが来ていないというのは、寂しさや辛さが出てきてしまうものです。

子供にそういった思いをさせないためにも、出来るだけ夫婦で仕事の都合を付けて、子供の学校行事には参加してあげるようにしましょう。

兄弟が多いところを1人で回るとなると大変ですが、それでも来てくれないよりは子供の気持ちは楽になります。子供が割り切って考えられるようになるまでは、出来るだけ参加してあげるようにしましょう。

忙しくても親子行事だけは参加する

どうしても忙しくて仕事を休むことができないという親御さんも多いと思います。そういった時は毎回行くことができなくても、親子行事や大きい行事の時だけは絶対に参加してあげるようにしましょう。

親子そろって何かをやるような行事の時に、自分の親がいないというのはさすがに寂しい思いをしてしまいます。子供が不憫な思いをしてしまわないように、夫婦で休みを調整したり、会社に話を持ち掛けてみたりしましょう。

忙しい会社では子供のために休むことを許可してくれない場合もあるかもしれませんが、仕事と子供、どちらを優先したいのか自分の中で決まっているのであれば、自分のしたいようにすることが1番です。

スポンサーリンク