学校の先生との相性が合わない…。どう乗り越える?

小学校の先生

子供の小学校の担任は、早くて1年ごとに変わっていきますよね。最低でも1年間は付き合っていかなくてはいけません。しかし、そんな先生との相性が合わないと、これからどうして良いのかわからなくなりますよね。

学校の先生との相性が合わない場合、どうしたらいいのかその対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

学校の先生との関係はこじらせない方がいい

子供の学校の先生との相性が合わないからと、モンスターペアレントのように先生に歯向かっていく親御さんも中にはいますよね。

確かに自分の子供のためを想って、そういった行動に出ているというのはわかりますが、関係がこじれてしまうと、1番辛い思いをするのは子供です。

学校の先生に対して親が良くない印象を持たれてしまうと、子供にも良くない印象を持ってしまう人はとても多いです。だからこそ、自分の勝手な行動のせいで子供が学校で辛い思いをしてしまうことは、やめた方が良いでしょう。

自分の子供がいくらかわいいからといっても、学校では常に平等が当たり前です。自分の子供だけをひいきさせて、それを周りの子供が見たらより子供が辛い思いをしてしまうことになります。できるだけ学校の先生との関係はこじらせない方がいいでしょう。

学校の先生には自分から歩み寄るしかない

学校の先生は常にたくさんの生徒を見ていかなくてはいけません。だからこそ、それなりの距離感を生徒とも親御さんともとりたいと思っている人が多いです。だからこそ中には相性が合わないと感じるような先生もいると思います。

先生の立場からしてみれば、親御さんと無理に仲良くしようとまでは考えていない人が多いです。先生に良いイメージがないのであれば、自分の方から歩み寄るか距離を離すかしか選択がないのです。

スポンサーリンク