全然しないし終わらない!子供に夏休みの宿題をためさせないためのテクニック

宿題をする子供と母親

誰しも一度は「夏休みの宿題」が終わらずに、八月の後半に全部まとめてやった経験があるのではないでしょうか?夏休みは子供にとって天国ですが、宿題が多いのは地獄に感じられるでしょう。

そんな子供たちに対して、お母さんが「夏休みだからってだらだらしないで宿題をやりなさい!」というのは逆効果かも?今回は「子供に夏休みの宿題をためさせないためのテクニック」をいくつかご紹介します♪

スポンサーリンク

子供の大半は「宿題」が嫌い!

「私宿題が大好き!」というお子さんの方が圧倒的に少ないのではないかと思います。勉強をするのが好きで、自分から勉強をするお子さんを除いて、みんな宿題と聞くと顔をしかめてしまいます。

子供は夏休みという長い休みの中で、勉強に時間をとるという事に「嫌だな」と思うのです。確かにプールに行ったり、お友達と家でゲームをしている方が何倍も楽しく感じられてしまいます。

では、どうして夏休みの宿題が溜まってしまうと思いますか?それには、2つの理由がありました。

子供が夏休みに宿題をためてしまう理由

まず1つ目は「休み中なのに勉強をしたくない、勉強に時間を使いたくない」という理由から、夏休みに宿題をためこんでしまいます。学校で勉強しているのが退屈に感じている子は、家に帰ってきてまで勉強したくないと思ってしまいます。

そしてもう1つは「自分の夏休みの宿題の量をきちんと把握できていない」からでしょう。お子さんに、夏休みの宿題がどれだけ出ているかをぜひ聞いて見てください。

範囲内をきちんと答えられるお子さんの方が少ないでしょう。「これくらいの量なら、最後にまとめてやっても大丈夫だ」と思っていると、最後に痛い目を見てしまいます。

「朝方」や「夕方」に宿題時間をとろう

夏休み中は、朝方や夕方に夏休みの宿題をする「宿題時間」を設けましょう。何故かというと、日中はお子さんの活動時間で最も活動的な時間帯です。

この時間に、お友達と遊んだりどこかへ出かけたりすることが多いため、宿題の習慣がつきにくくなってしまいます。

スポンサーリンク