子供の社会性を高める異年齢保育を知っておきたい理由

保育を受ける子供たち

子育て中のお母さん、お父さんに質問です。「異年齢保育」というワードを耳にしたことはありますか?異年齢遊びとは、文字通り「異なった年齢の子供同士で遊んだり学んだりする方法」を指し、現在「異年齢保育」の活動が密かな流行を巻き起こしています。

一体、どうして「異年齢保育」が子供や大人たちから関心が集められているのか、その理由についてまとめてみました。

スポンサーリンク

異年齢保育とは?

幼稚園や保育園に通園する0歳~3歳までの子供たちを、同じ教室や内容で遊ばせたり、学ばせたりする保育体制のことをいいます。

園によっては、一日の大半を異年齢保育で過ごすところもあれば、体育や給食など決まった時間帯にだけ年齢関係なく一緒に行うところもあります。

例えば、遊び方によっては0歳の子ができない遊びもありますので、共通して遊べる道具を使う場合には一緒に遊ぶという形をとっているようですね。

異年齢保育のメリット

同じ年の子供達と生活していると、どうしても「優劣」がついてしまいます。足が速い子もいれば、絵が上手な子もいるはずなのに、個性を個性として認められず「勝ちか負け」で判断してしまうのです。

逆を言ってしまえば、体育が苦手なのもその子の「個性」です。反対に、異年齢保育をしていると「こういう人もいるんだ」ということを学べます。

子供たちの狭いコミュニティを抜け出し、もっと広い視野で人との付き合い方を学ぶには、もっと違った年齢の人と出会う必要性があると感じました。

コミュニケーションと社会性

子供たちにとって、コミュニケーションとはなんでしょうか。明るくて、なんでも出来て、話が上手な子は人気者になれますが、大人しくていつも本ばかり読んでいる子は煙たがられてしまう環境です。

大人が思っているよりもその「落差」は激しく、一度「この子は大人しくて何を言っても平気」と思われてしまうと、その子を取り巻く環境自体が変化してしまいます。

スポンサーリンク