デリケートな子供と友達との関係性。子供に教えておくべきこととは?

肩を組む子供

子供の交友関係について、気になる親はたくさんいますよね。特に年を重ねてからの友達は、人生に強い影響力を与えるようになるため、親としては把握しておきたいものです。

そんな子供と友達の関係性がこじれることがないように、子供が小さい頃から教えておきたい友情についてご紹介します。

スポンサーリンク

友情とはもろく壊れやすい

子供達になくてはならない存在といえば、友達です。小さい頃からたくさんの同年代の子供と触れ合い、その中で友情を育んでいくことになります。子供にとって楽しいだけならそれでいいのですが、友情は時にお互いを傷つけあうこともあります。

喧嘩をするということは、成長には必要な事かもしれません。しかし、子供達の友情というのはもろくて壊れやすいのです。1度の喧嘩で取り返しのつかないことになる、ということも考えられるのです。

親が考えている友情関係と、子供にとっての友情関係というのは全く違います。そこについてはしっかりと理解した上で人とのつながりを大切にしていくことを教えてあげましょう。

誰かを傷つける人にはならないで欲しい

子供に友情について教える際に、とても大切にしたいことは、無意味に人を傷つける人になって欲しくないということです。人の言葉というのは時に凶器になります。それによって傷ついてしまう人がいるということを、子供にしっかりと教えてあげる必要があります。

自分の口から放った言葉は、自分自身で責任を取らなくてはいけないということを、しっかりと理解させる必要があります。

言葉は面と向かって言うことだけではありません。最近では顔が見えないのをいいことにネット上で悪口を書き込むような人も増えています。顔が見えないから、自分だとわからないから、とそんな軽い気持ちで誰かの心を傷つけるのはやめにしましょう。

喧嘩したらごめんねを言える子供に

友情を大切にするためには、素直に相手に気持ちを伝えることもとても重要になります。友達と喧嘩してしまうと、意地を張って謝れなくなってしまうような子供もいるかもしれません。しかし、そういった時に正しいタイミングで謝ることができないと、関係が余計にこじれてしまう可能性が出てきてしまうのです。

スポンサーリンク