子供の字が汚くてノートが読めない!直させるべき?

ノートに字を書く子供の手

子供の授業のノートを見てみると、汚すぎて何が何だかわからず驚いた経験をしたことはありませんか?

子供の字の汚さは、何となく小さいうちに直しておいた方が良いような気がしますよね。子供の字の汚さは改善させた方がいいのか、その理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

ノートを綺麗に写すことの落とし穴

子供の字の汚さについて、気にしてしまう親御さんは多いです。実際に子供の字が汚くてノートが読めなかったら、親としては直した方が良いのではないか?と思ってしまいますよね。

しかしそれは綺麗なノートでなくてはいけないという固定観念から来ているものです。きれいなノートをとっている人の方が頭は良いのでしょうか?実はそれは違うのです。

綺麗なノートというのは、きれいな字でまとめられていてさらに色ペンを使って重要な部分をしっかりとわかるようにしている、というようなものを言いますよね。しかし、実際に色とりどりに描いたからといって、覚える確率が上がるわけではありません。

陥りやすい落とし穴でもありますが、ノートを綺麗に書こうと思うと、意識がどうしてもそちらに行ってしまい、先生が話している授業の内容があまり頭に入ってこないのです。

こういった授業は黒板を写すだけのものでしかないので、実際にノートだけでは理解できないこともあり得るのです。

本当に大事なのは字の綺麗さじゃない!

子供のノートの中で、最も重要なのは字の綺麗さではありません。授業の内容を授業の中でしっかりと理解しているかどうかです。文字を綺麗に書いたり、色とりどりでテンションが上がるようなノートを書いたりすることではないのです。

授業を理解するためには、黒板を書き写すことだけではありませんよね。それを説明している先生の言葉や、黒板には書き写さない部分が大切なのです。

スポンサーリンク