家事に育児にハードな毎日を送っているご夫婦必見!夫婦でうまく家事分担するコツ

アイロンと洗濯物と夫婦

子供がいると毎日家事に育児にドタバタですよね。筆者の場合は2人目が生まれてからは、毎日の生活をこなすのに必死なのが現状です。

さらに保育園に預けて働いているママは本当に毎日大変ですよね。そんな時に少しでも旦那さんと家事を分担できると、物理的にも精神的にもママはとっても楽になると思います。

家事に育児にハードな毎日を送っているご夫婦にうまく家事分担ちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサーリンク

共働きじゃなくても家事分担している専業主婦家庭もあります

共働きだと家事も育児もすでに分担しているかもしれません。しかし専業主婦のママだとどうでしょうか。まだ子供が1人目だったりすると、「養ってもらってるのだし…」と旦那さんに遠慮して育児も家事もすべて一人で頑張ってしまうママもいるようです。

しかしそんなママでも子供が幼稚園などに通うようになると、やっぱり旦那さんのヘルプがないとパンクしてしまいます。

時間の制約があまりなかった未就園のときと比べて、子供が幼稚園に通うようになると、お弁当などの準備や登園時間にきちんと間に合わせる必要があります。そうなってくると家事の手抜きもしづらいですし、時間に追われることが多くなりますよね。

筆者の場合は2人目がまだ乳児だったので本当に毎朝目の回るような忙しさで、ものすごく大変でした。入園してから3か月、とうとうあまりのしんどさに音をあげて夫に朝の家事分担を頼んだ経験があります。

普及しつつある家事代行サービス、それでもためらってしまう理由

夫に家事を頼む前に、家事代行サービスを検討する人もいるようです。最近は共働きが増えた影響でだいぶ普及してきました。それでもやっぱり家事を外注するのをためらってしまう理由は一番は金銭面だと思います。

子供が幼稚園や保育園に通っていたりすると、共働きでも家計が苦しいというケースもあるのではないでしょうか。そういうときに時間あたり数万かかる家事代行サービスは使いづらいですよね。

さらに見ず知らずの人が自宅に入るというのは、やっぱり気を使います。家事代行サービスを頼んだら、家の汚れが気になって来てもらう前に必死で掃除した・・・なんてエピソードもあるようです。

楽をするために家事代行サービスを頼んだのに、かえって気を使って疲れてしまっては本末転倒ですね。

男性の得意な家事の傾向は?

お金がかかってかえって疲れてしまうくらいなら、やっぱり夫と家事を分担したほうが良いですよね。ではどんな家事を夫の担当にしたらよいでしょう?

スポンサーリンク