子育ての悩みを解決するのではなく、悩まない思考を作る方法

子供を背負う女性

子育ては様々な困難にぶちあたります。しかし同じ困難にぶちあたったとしても、悩みすぎて病んでしまうママもいれば、あまり悩むことなく楽しく毎日を送っているママに分かれます。

同じ困難にぶちあたるなら、思い悩んで暗い気持ちになるよりも楽しく毎日を過ごしたいですよね。そこで今回は、子育ての悩みを解決するのではなく、悩まない思考回路を作る方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

柔軟性を持つ

子育てに悩みを抱えるママの多くは、完璧主義者で何事も計画的に物事を進めたいと考えている方がおおいのではないでしょうか?

今日はこれ、明日はこれ、来月までにはこれができるようになっている、など子育てにかんしても事前に計画を立ててその通りにこなそうとしているのでしょうが、子育てにおいて計画通りに物事が進むのはほぼありえません。

子供がお昼寝をしている間にご飯を作って家事をこなそうと考えても、日によって子供がお昼寝をしないかもしれません。買い物に行くときに限って子供がぐずってなかなか外出ができないかもしれません。ちょっと休憩をしようと思ったときに限ってイタズラをされるかもしれません。

子育てにおいて計画を立てるのはいいでしょうが、計画通りに進むことはなく、その計画を変更することも日常茶飯事です。どのような状況に陥っても柔軟に対応できる心と機転を持つ。これが子育てにおいて無駄な悩みを持たない重要なことなのです。

妥協をする

ママの悩みで多いのが、育児に気を取られて家事が思うようにできないということです。

掃除もしたい、洗濯もしたい、ご飯も作りたい、そうは思っていても子供をあやしてねかしつけをして、授乳をして、オムツを変えてとしていたら、家事にまで手が回らずやりたかったことが何一つできなかった。そんな悩みを持っているのではないでしょうか?

スポンサーリンク