子供が友達と遊ばない?その理由と対策とは

一人で遊ぶ子供

子供は友達とたくさんあそぶもの。そう思っていたのに、なかなか友達と遊ばない姿に子の子は友達がいないのではないだろうか?と、不安になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?友達を作れないのか?いじめられているのか?

そんな考えが頭をめぐってしまうでしょうが、子供が友達を作らない理由は友達と遊べないのが原因なのかもしれません。今回は、子供が友達と遊ばない理由をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

遊ぶ場所がない

昔ならば友達と公園でボール遊び、鬼ごっこ、かくれんぼ、などお外でたくさん遊べる場所がありましたが、今は車の交通量も多く公園も少ないので遊ぶ場所がありません。

それだけではなくても、今は誘拐事件や事故など物騒なことが多い世の中となっています。そのような理由から、公園で遊べないため友達と遊ぶ場所がなくなっているのです。

公園は知らない子やあまり仲良くなかった子とも仲良くなれる交流の場所でもあったため、友達の輪を広げにくくなっているというのも友達と遊ばなくなった理由と言えます。遊ぶ場所がなく、友達と触れ合う場所もない、そんなところで友達はできませんよね。

習い事が多い

最近の子供は習い事をたくさんしている子が多いですよね。もちろん習い事をしていたら、たくさんの子供と関われるでしょうが習い事は基本的に習い事ですから、休憩時間やレッスン前とレッスン後には触れ合えるでしょうがレッスン中は基本的にレッスンしかしませんから、友達と触れ合うことはできませんよね。

習い事をたくさんさせているから、友達もたくさん増えるはずなのに全然増えないのはなぜだろう?そんな疑問を持っているママは、習い事はあくまでもレッスンをする場所だと考えるようにしましょうね。

ゲームなどの一人遊びが増えた

昔は一人で遊ぶことなどたかが知れていましたが、今は娯楽に溢れています。ゲームやマンガ、ネットなど友達がいなくても遊びはたくさんありますよね。そんな現代のスタイルが子供に友達と遊ぶ機会を奪っていっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク