子供と一緒に夏の思い出工作をやってみよう!

貝と筆と染料

もうそろそろ子どもたちの夏休みがやってきます。休みが終わるころにはあっという間だったと感じられるものの、実際には1ヵ月以上も1日一緒にいることになります。

いつもなら幼稚園に行っている時間も一緒ですし、お昼の準備なども一苦労。そこで、一緒に思い出に残るような工作を通じて、親子の時間を楽しんでみませんか?

実際に子ども(筆者には4歳と1歳の子どもがいます)とやってみた、夏の思い出工作をご紹介します。

スポンサーリンク

題材は家族旅行でのお土産

夏といえば海!ということで、家族旅行で海水浴に行くご家庭も多いのではないでしょうか。そこで、海水浴をした時にゲットしたものが、今回の工作の主役となります。それは、海岸に落ちていた”貝殻”です。

子どもたちと海の近くのホテルに宿泊したので、早朝に貝殻集めをしました。手の平サイズの大きい物から小さいものまで、大きさに関係なく拾って集めてきました。

幼児くらいですと、その拾ったことも思い出となり、何度も楽しく思い出してはお話してくれますよ。

持って帰ってきたら必ずすること

工作に使うということで、子どもの手に触れることが多いので、必ずきれいに洗ったり殺菌することをオススメします。

筆者は持ち帰ってきた貝殻をまずはもう一度水洗いをして、その後、天日干しにしました。幼児くらいですと、直接貝殻を口に入れたりすることはありませんが、間接的に何かの拍子で無意識に手を口元に持っていくことがあるからです。

また、工作となると家の中に置いておくこととなるので、衛生面にも気を配りましょう。

いざ工作!どんなものが良いのか?<その1>

年齢により作る物の難易度が変わってくると思います。ここでは、小学校に上がる前の未就園児のレベルをご紹介していきます。

まず4歳の長女と昨年作ったのは、折り紙と百円ショップで購入したガラス付き小箱を使った、貝殻の宝物ボックスです。

スポンサーリンク