離乳食のエプロン・スタイはどれが正解?時期別に解説

エプロンを付けた赤ちゃん

離乳食が始まると必要になるのが食事用のエプロンやスタイですよね。最初の頃はドロドロ少量でママがあげますが、だんだんと固形物になり自分で食べ始めると食べこぼしや汚れた手と口、こぼれおちた食べ物との長い戦いが始まります。

でもいまはいろいろな離乳食用のエプロンがありますよね!これを付けていれば被害も押さえられるというもの……。

とはいっても嫌がってつけてくれない、暑くてこんなのは着て居られないなど装着には難しい点もいっぱい。そこで、時期別に役立つエプロン・スタイはどんなものか紹介していきます。

スポンサーリンク

離乳食初期のドロドロごはんには「スタイ」でOK!

離乳食を恥じえた頃は、ママが口に運びますし、量も少なくペースト状です。エプロンをしっかりするというよりは、口元から流れ落ちるおかゆやペーストで服をあまり汚さないようにガードする目的や、拭く用途が多くなります。

出来ればおおきめで分厚い、ダブルガーゼやタオル地のスタイがおすすめ。赤ちゃんの皮膚は薄くて弱いので、あまりゴシゴシはせず抑える感じで拭きましょう。

ほかに濡れたガーゼタオルを用意しておくと口元をきれいにしてあげやすいのでおすすめですよ。

離乳食中期以降はエプロンを付けよう

ドロドロの離乳食を卒業すると、次に待っているのが手づかみの練習です。正直見ているだけでストレスがたまる上に遠い目になる汚れぶりとなっていきます。

口にいれられずになぜか顔面に押し付けられる食事や、手から零れ落ちるパンや野菜……。そうなってきたら速やかにエプロンへ移行しましょう。

エプロンにはポケットがついていて食べこぼしを受け止めてくれますので大変おすすめです。

エプロン紹介1「ベビービョルン ソフトスタイ」

しっかりと首元にフィットし、おおきなポケット機能を備えた「ベビービョルン ソフトスタイ」はカラーもいろいろあっておしゃれなのでお出かけにも便利!

おおきな食いこぼしから汁物まで受け止めてくれますので、これとティッシュやタオルがあれば万全です。ただ、首の後ろがぼつぼつしているため気になっていやがる赤ちゃんもいます。

様子を見て嫌がるようなら別の物に変えてあげましょう。

スポンサーリンク