いつもとおりものが違う…。それって膣カンジダかも!原因と治療法について

SOSと書かれた黒板を持つ手

なんだか最近忙しくて疲れ気味…そういえば最近おりものがいつもと違うし、デリケートゾーンがかゆい。それはもしかしたら膣カンジダかもしれません!

不快感を伴って物事にも集中できなくなりますよね。私も何度か膣カンジダになり大変な思いをしました。今回はそんな膣カンジダになってしまう原因や治療方法についてお話します。

スポンサーリンク

膣カンジダの原因と症状

膣カンジダとは、カンジダ菌と言う菌が原因で膣に炎症が起きてしまうことを言います。常在菌なので普段は何の影響もないのですが、常在菌のバランスが崩れカンジダ菌が異常繁殖してしまったときにかかってしまいます。

妊娠・出産によるホルモンバランスの変化や免疫力の低下、抗生物質を使用したせいで常在菌のバランスが崩れた、過労やストレスで免疫力が低下している、ストッキングやタイツ、ガードルなどを履いていてデリケートゾーンが蒸れている、必要以上に膣を洗いすぎているなど簡単な理由で膣カンジダになってしまいます。

私の場合は、風邪をひいて抗生物質を飲むとだいたいは膣カンジダになってしまいます。

症状としては、とにかくデリケートゾーンかかゆくなります。かゆくてかゆくて我慢できません。思わずかいてしまうとおしっこをした時に尿が皮膚にしみて痛い時があります。

また、おりものが多くなって白くてポロポロしたものや、どろっとしたヨーグルトのようになります。

治療方法

膣カンジダかなと思ったら早めに産婦人科を受診しましょう。診察ではおりものの状態、外陰部や膣の状態を診て膣カンジダがどうか調べます。

私のかかりつけの産婦人科ではおりものを採取して細菌の種類や数を調べたり、性感染症の検査も必ず行われます。特別痛い検査はありません。

膣カンジダと診断されたら膣を洗浄、膣内にカンジダ菌に効く錠剤を入れて、かゆみや腫れを抑える塗り薬が処方されます。

スポンサーリンク