ファーストヘアカットの記念に赤ちゃん筆を作ってみよう!

髪を切る赤ちゃん

産まれてから1度も切ったことがない赤ちゃんの髪の毛を「胎毛」と言います。お母さんのお腹の中にいる間から生え始める髪の毛なのですが、赤ちゃんの髪の毛はとても柔らかいですよね。

実はこの胎毛、1度切ってしまうと毛の質が変わり固くなってしまいます。そこで1歳の記念も兼ねて、初めて切った髪の毛で赤ちゃんの筆を作ることにしました。申し込み方、仕上がり具合などお伝えします。

スポンサーリンク

そもそもなぜ赤ちゃん筆を作るの?

一言で言ってしまえば記念品なのですが、胎毛は羊水の刺激から赤ちゃんを守っていると言う説があります。

赤ちゃんが病気をせずに健康に、頭脳明晰の賢い子に育つように、との願いを込めて産まれた時から生えている胎毛で筆を作るようになったと言われています。

筆を作る時に必要な長さや量は?

長さは大体5センチ以上、切った髪の毛の束が1センチほどの幅があれば筆にすることができます。我が家の双子が筆を作ったのは1歳2か月の時でしたが、1度も切っていないので肩くらいまで伸びていて、長さ・量のどちらもかなり余裕がありました。

長さや量が足りない場合は作れる範囲のサイズで作ってもらえる場合もあります。

申し込みの仕方、商品はどのように選ぶの?金額は?

床屋さんや美容室の軒先に赤ちゃんの筆の旗が立っているのを見たことはありませんか?旗が立っているお店は赤ちゃんの筆の取り扱いをしているところなのでそこで申し込みができます。

また、旗が立っていなくても取り扱っているところもありますので電話で確認しておくといいでしょう。

商品はカタログを見て決めます。お店で相談しながら決めてもいいですし、事前にメーカーからカタログを取り寄せることもできますので、あらかじめどれにするか決めて行くこともできます。

作る筆の本数や柄の材質(桜・象牙・水牛など)、メッセージや写真を入れるかなど決めることが結構あるので、こだわればこだわるほど金額は跳ね上がっていきます。

我が家の場合2人分の金額がかかることもあり、特にオプションは付けずに1番スタンダードなものにしました。柄は桜木(黒く塗装してあります)、柄に名前と生年月日が彫ってあります。1本税込みで11,800円でした!

スポンサーリンク