いつから使える?ブースターシートの安全性や使い方

ブースターシートに乗った子供

みなさん、自分の車に子供を乗せるとき、チャイルドシートを使いますよね。法律で決められているのもありますが、チャイルドシートを使った方が安全だからですね。

でも、子供も幼児期くらいになると、今まで使っていたチャイルドシートがきつくなったり、嫌がったりしてくるかと思います。

そんなときに、そろそろ背もたれがないブースターシートに買い替えを検討したりする機会が出てきたりしますが、そもそもブースターシートはいつから使えるのかも分からなかったり、安全性もどうなのか不安だったりしませんか?今回は、ブースターシートについて紹介します!

スポンサーリンク

ブースターシートはいつから使えるの?

ブースターシートとは、背もたれがなく、車の座席に座面のみ固定するジュニアシートのことです。

車のシートベルトは140cmからのため、今まで使用していたチャイルドシートがきつくなる4歳〜6歳だと、身長が足らず使用することが出来ません。

そのため、座席をあげて身長を合わせ、車のシートベルトを正しく使用出来るようにするためです。

ブースターシートは背もたれがあるシートと違い、軽量なので持ち運びに便利ですし、お値段もリーズナブルです。そこで疑問に思うのが、いつから使えるかだと思います。

ブースターシートは政府からの決まりがあり、体重は15kg〜36kg、身長は135cm以上となっています。

また、年齢は4歳〜10歳くらいを対象として販売されています。チャイルドシートも4歳くらいになると窮屈かと思います。

上記の条件に合うようになったらブースターシートに切り替えたりするのもオススメですよ!

ブースターシートの安全性、使い方は?

普通のジュニアシートには背もたれや頭を支えるガードがついていますが、ブースターシートにはないため、安全面が気になる方もいらっしゃるかと思います。

スポンサーリンク