暑い夏の子育てを乗り切るための対策とは?

扇風機の前でスイカを食べる親子

暑い夏は子供にとって注意すべき点が数々存在します。汗疹や熱中症、食中毒など、お母さんにとって心配なことだらけ。そんな夏を乗り切るためには、様々な対処法があります。

子供の健康を守るための対処法とは、いったいどのようなことがあるのでしょうか。そこで、夏の子育てを乗り切るための注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

屋内、屋外別、暑い夏の過ごし方とは?

小さい子供と家で過ごす際には、エアコンを使い暑さを上手く調節しましょう。その際には一日中つけっぱなしにせず、時折窓を開けて風を通すよう心がけましょう。

風が直接子供に当たらないよう、風向きを上に向けることで体の冷えを防ぐことが大事。家にいても熱中症にかかってしまうことは珍しいことではないので、こまめな水分補給も忘れずに行いましょう。

屋外で過ごす際には、飲み物を多めに持ち歩き、普段以上に子供に水分補給を促す必要があります。

ベビーカーに子供を乗せる場合、地面からの照り返しによって大人が感じている以上に温度が高いので、保冷シートなどを利用し暑さ対策をすることをおすすめします。

汗疹への対策

小さい子供は肌が弱いこともあり、夏場になると汗疹になりやすいことで知られています。汗疹を予防するためには、まずは皮膚を清潔に保つ必要があります。

暑い季節にはついついシャワーで済ませたくなりますが、出来るだけ湯船に浸かることをおすすめします。皮膚を綺麗にするためには、石鹸をよく泡だてると効果的。すると、シャワーで流しても泡が残ってしまうことが考えられます。

それを防ぐためにも、体を洗った後は湯船に浸かると、より皮膚を清潔に保つことが出来ます。そうすることで、雑菌の繁殖を防ぎ、汗疹を予防することに繋がります。

熱中症の対策

小さい子供は遊びに夢中になっていると、水分補給を忘れてしまいがち。そのため、熱中症を防ぐためには、親がこまめに水分補給を促す必要があります。

さらに、熱中症は免疫力が低下しているとかかりやすいと言われているので、普段から栄養のバランスを考えた食事を意識し、規則正しい生活をするよう心がけましょう。

スポンサーリンク