3人の子供を育てるコツ&メリットとデメリット!

三兄弟

3人の子供を育てることは、非常に大変なこと、というイメージをお持ちの方が多いようです。お金の面や、生活、お母さんの負担など、様々なことが気になって3人目の出産に対して悩んでいるという方。3人の子供を育てるにはコツがあるようです。

そこで、3人の子育てのコツと、メリット、デメリットをご紹介します。子育ての参考になる情報を提供致しますので、是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

3人の子育てのメリット、デメリットとは?

3人の子育てのメリットには、子供同士で遊べる、家庭が賑やかになる、様々な場面で兄弟割引が受けられる、上の子のお下がりがあるので出費が少ない、などがあります。

反対にデメリットには、喧嘩が多い、家事が増える、親の体力が必要になる、生活費が多くかかる、などがあります。

こうしたデメリットが考えられることから、3人目の出産を検討している方の悩みの原因になるようです。デメリットとして想像することの中には、家事や育児に関する不安が大きいと言えます。そこで、3人の子育てをする際のコツをご紹介します。

神経質になり過ぎず、時にはサボることも大事

3人の子供を育てていると、毎日時間通りに過ごすことは非常に難しくなります。幼稚園、小学校などによって帰宅する時間が異なり、子供の年齢によって就寝時間、お昼寝の有無など、バラつきがあるのは当たり前。そのため、子供全員の時間に合わせて家事を行なうことはなかなか出来ません。

それをストレスに感じないためには、神経質になり過ぎず、時には手を抜くことが大事。いくら完璧を求めても、3人も子供がいると上手くいかないことは多々あるので、上手にサボることがコツと言えます。

自分のことを自分でやるよう促す

3人も子供がいると、それぞれのやることを気にかけていたらきりがありません。特に小さいうちは、ジュースをこぼしたり、物をなくしたりすることは日常茶飯事。

その度に全員分の対応に追われていたら、お母さんの身が持たなくなってしまいます。そのため、子供達にはそれぞれある程度のことは自分でやるよう促すことが大事。

スポンサーリンク