妊活女性必見!基礎体温を測るべき理由とおすすめの体温計

基礎体温計とグラフ

女性の皆さん、毎朝ちゃんと基礎体温を測っていますか?「基礎体温」という言葉に馴染みがない人も、もしかしたらいるかもしれません。

この基礎体温は、毎朝しっかり測ることで自分の体調変化を知ることができたり、妊活に良い影響を与えてくれるのです。

今回は、女性として行っておくべき基礎体温の基礎知識と正しい測り方、オススメの商品を合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

基礎体温とは

基礎体温は、朝起き上がる前の安静状態で、舌の裏で測る体温のことを指します。基礎体温はひと月のうちに上がったり下がったりし、自分の体のリズムを知ることができます。

その体温が上がったり下がったりするだけで、肌荒れがしやすい時期か、ダイエットしやすい時期か、体調が悪い日かもわかります。

普段何気なく過ごしていて、風邪をひいていないのに体調が悪く、気分がすぐれないという日はありませんか?それは基礎体温やホルモンバランスが影響しているのです。

現に、女性はひと月に4回も性格が変わると言われていますが、そのせいでしょう。

基礎体温は0.3~0.5度くらいの差で低温期と高温期が分かれます。体温が低めに経過する低温期は月経開始後に訪れます。その後、およそ14日後に最も妊娠しやすい時期である排卵期に突入し、排卵日を過ぎると妊娠しにくい高温期に14日間ほど突入します。

そしてまた月経が始まると低温期になるのです。これは生理周期が25日から38日間という正常な日数で計算したものなので参考程度に把握しておきましょう。

基礎体温の正しい測り方

基礎体温の正しい測り方をご紹介します。

  1. 朝、目が覚めたら寝たままの状態で基礎体温計を取り出し、舌の裏筋に差し込みます。
  2. 計測終了の音が鳴ったら、口から取り出して数値を専用のアプリやシートに記載します。

使い方はたったのこれだけで、とても簡単です。注意すべきことは、毎朝ある程度同じ時間に測ること。そしてネタままの状態で測ること。

また、毎朝計測する数値をしっかりとグラフ化することが大切です。

スポンサーリンク