妊活に役立つ!基礎体温をあげるには生活習慣の改善が近道!

ホットドリンクを飲む女性

妊活中、きになるのが基礎体温ですよね。健康的な体づくりをして、健康な赤ちゃんを産むためにも、母体の基礎体温管理はとても重要になります。

基礎体温をつけていると、なかなか体温が上がりきらず、妊活に支障をきたしている人も多くいます。

今日はそんな基礎体温が上がらない原因から、どのように改善する余地があるのかを具体的にご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

ストレスを解消すること

基礎体温には低温期と高温期があり、しっかりと2層に分かれていることが大切です。月経や排卵を機に温度が変わりますが、月経がしっかり来ていても体温が上がらないというときには無排卵になってしまっている可能性もあります。

その要因としてまず挙げられるのがストレスです。近年でも妊娠しなければいけないと思い込んで想像妊娠してしまった人もいるほど、気持ちは驚くほど体に現れます。

基礎体温はホルモンバランスが密接に関わっているので、仕事や旦那さん、旦那さんの親から何かしらストレスがかかると、体の力が抜けずに血行不良になります。血行がスムーズにならないと体が冷えやすくなり、基礎体温が下がってしまうのです。

睡眠をしっかりとって自律神経を正常に保ったり、適度な運動で体をほぐすように普段から気を使いましょう。

体を温めること

先の項目で血行が悪くなると体が冷え、基礎体温が下がると説明しました。これは普段から薄着をする人や、シャワー入浴の人にも当てはまります。

首やおへそ、足首などを中心に温めたり、下半身を温めるために半身浴をしたり、冷房を使わずに過ごしたり、また氷の入った飲み物や利尿作用のある飲み物を飲まないようにしたりと、体の冷えには敏感に対応するようにしましょう。

お湯に浸かった後は体がポカポカしていて思わず薄着になってしまいがちですが、温まっているうちにしっかり寝巻きを着用して暖かさを持続させてくださいね。

また、熱エネルギーは体内で作ることもできます。筋肉がしっかりと付いていればさらに体が温まります。なので、積極的にお肉や魚、卵などのタンパク質を摂取したり、基礎体温を上げてくれるビタミンEを緑黄色野菜や豆類から積極的に摂取すると良いでしょう。

病院に行きましょう

それでも基礎体温の高温期がないようであれば、長く付き合ってきた生活習慣からか、病気を患ってしまっている可能性があります。

スポンサーリンク