妊婦さんは生卵を食べたらだめ?妊娠中に食べたいときの注意点

生卵を持つ妊婦

妊娠中は食べてはいけないとされる食べ物や、逆に沢山食べた方が良いなどと言われている食べ物があるなど、何かと食事について気を使うことが多いと思います。

その中でも特に言われているのは卵。特に生卵は禁止だと言っている人を見たり聞いたりしたこともある人はいるのではないでしょうか。

今回は妊婦さんが生卵を食べることについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ生卵はだめなのか?

妊婦さんが生卵を食べるとお腹の中にいる赤ちゃんに影響が出てしまう、などと思っている人もいるかもしれません。

赤ちゃんが卵アレルギーになる確率が高くなるなどと言う噂を耳にした人もいるのではないでしょうか。実際に私も妊娠中にそのような噂を聞いてびっくりしたことがあります。

ただ結論から言うと、妊娠中に生卵を食べることを禁止されているということは無いのです。勿論何でも食べ過ぎは良くないですが、妊娠中だから生卵を食べてはいけないということはありません。

ではなぜそのような噂が囁かれるようになったのでしょうか。原因として考えられるのはアレルギー等々ということよりも、食中毒の可能性が懸念されているということでしょう。

サルモネラ菌という菌に感染している鶏が卵を産むと、卵の殻や中身まで菌に汚染されてしまいます。その卵を食べたことにより食中毒を起こしてしまうのです。

恐らく妊婦さんが生卵を食べてはいけないという噂は、このサルモネラ菌から広まったのではないでしょうか。

妊婦さんがサルモネラ菌に感染してしまった場合は?

妊娠中は免疫力も低下している為、感染症のリスクも高くなっています。サルモネラ菌に感染した場合、吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・発熱といった症状が起こります。

スポンサーリンク