育休や産休をとる条件はある?期間や手当はどれぐらい?手続きの流れもご紹介!

仕事をする妊婦

今のご時世、正社員のみならずパートも含めると、働く女性は結構多いかと思います。でも、妊娠したら頭によぎるのが産休や育休を取得できるのかな、と思いますよね。とくに、パートの方は取得出来ないと思っている方もいらっしゃるかと思います。

また、期間や手当、手続き方法など知らないと困ることが多いんです。今回は、産休、育休について紹介していきます。

スポンサーリンク

産休、育休とは?条件や期間はどのくらい?

産休とは、正確には「産前産後休業」が正式名称になっていて、働く女性が出産のために休暇を取る制度のことです。これは法律で定められていて、正社員はもちろん、パートで働いている方も取得することは可能です。

産前休業は、妊娠予定日の6週前から、産後休業は出産後8週間取得することが出来ます。例外として双子以上を出産予定の場合は産前休業を14週前から取得出来ます。

また通常は、法律で産休の申請をしたしていないに関わらず、出産後は8週間は働いてはいけませんが、本人の回復が良好で医師の許可が得た場合のみ、出産6週間後から働くことが可能となっています。

育休とは正式名称は「育児休業」となっていて、働く女性または男性が出産した子を育児するために取得する休暇のことです。

ただし育休は産休と違い条件があり、基本的には正社員の方が取得することが出来る休暇になります。休暇を取る日数は産後休業後309日、子供が1歳になるまでとなります。

また、一定の条件を満たせばパートや契約社員、派遣社員の方も取得可能です。その条件は、

  1. 同一の事業主に1年以上継続して雇用されている
  2. 子供が1歳になっても雇用が見込める
  3. 子どもの2歳の前々日までに労働契約の期間が満了し、なおかつ当該労働契約の更新がないことが明らかである人は除く

となっています。

そして下記の条件に当てはまる方は、会社が労使協定を結んでいる場合、雇用状態に関わらず育休を取得することは出来ません。

  1. 雇用された期間が1年未満
  2. 1年以内に雇用関係が終了する
  3. 週の所定労働日数が2日以下

このような条件があるため、正社員の方以外が産休と育休を取得するのは厳しくなっているので、妊娠が発覚したら退職してしまう方が多いのが現状です。

手当はどれくらいなの?

産休と育休の期間や条件を説明しましたが、手当も気になりますよね。出産育児一時金はもちろんですが、産休中にもらえる「出産手当金」、育休中は「育児休業給付金」をもらうことが出来ます。

スポンサーリンク