いつから更年期障害になる?治療法はある?予防のための対策は?

頭を抱える女性

よく更年期障害という言葉を聞くかと思いますが、実際の症状や原因などはご存知でしょうか?言葉を知っているだけで詳しく知らなかったり、自分には関係ないと思っている方も多いかと思います。

でも、知らないまま放っておいて気づいたら症状が酷くなってしまった…とならないためにも、対策などを知っていた方が予防につながりますね。そこで今回は、更年期障害について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

更年期障害とは?

更年期障害は男性にも起こり得ることですが、主に女性に多い症状になります。女性は生まれてから「幼児期」「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」というライフステージを経験します。

そのなかでも、個人差はありますが、女性はだいたい50歳前後で閉経を迎えることになります。その閉経時期を挟んだ前後10年間を「更年期」と呼びます。だいたい45歳〜55歳ですね。

そしてこの時期におこる様々な身体の不調を「更年期障害」としています。

更年期障害の原因は?

更年期障害は、女性ホルモンの1つ、「エストロゲン」が関係しています。エストロゲンは、8〜9歳の頃から卵巣内で分泌され、その分泌量は30歳半ばにピークを迎えます。その後、卵巣機能の衰えと共にエストロゲンは徐々に減少していき、40歳半ばから急激に減っていきます。

閉経してからエストロゲンが急激に減少していくと、脳からの指令でエストロゲンを増やそうとします。でも実際には卵巣内でエストロゲンが作りにくいため、脳とホルモンのバランスが保てない状態になってしまいます。これが、更年期障害の原因になっています。

また、40歳半ばだと親の介護だったり、子供の生活変化があったりと、他にも要因が重なってしまうため、更年期障害が悪化してしまうと言われています。

更年期障害の症状と治療方は?

更年期障害の症状は様々で、あまり症状を感じない人もいれば、いくつもの症状が重なってしまい日常生活に支障をきたす人もいます。また、日にちによって症状が違う人もいたりします。

主な更年期障害の症状は、「肩こり」「疲れやすい」「頭痛」「腰痛」「めまい」「のぼせ」「汗をかく」などがあります。また心の症状では、「不眠」「不安感」「イライラする」などが主な症状です。更年期障害の治療方法は、ホルモン補充療法が中心となります。

スポンサーリンク