入園してからじゃ遅い!知っておくべきこども園のタイプ

図工する子供たち

近年では、「幼稚園」「保育園」の他に、一号認定でも二号認定でも一緒に教育を受ける事ができる、「認定こども園」という施設が増えてきました。

働くママも、専業ママも同時に子供を預けられ、園によっては様々な教育プログラムが準備されているので、とても人気です。

習い事をさせなくても、園で外部講師を呼び、体操教室や英会話教室に参加できたりと、働くママにメリットがたくさんあります。

多くの親は、教育カリキュラムでこども園を選びがちですが、入ってから思っていた状況と違う!という点も出てくるかと思います。今回は、多くのママが入園後に困ったことや、後悔したことをお話しします。

スポンサーリンク

幼稚園型こども園

幼稚園型こども園の多くが、元々が幼稚園だったものです。幼稚園の時期の保護者会や、保護者参加型の行事が盛りだくさんな所もありますので、働くママは注意しましょう。

実際に預けはじめてから、1学期だけで役員決め、保護者総会、クラス懇談会、参観日、夏祭りなどありますので、平日に休みが必要です。必ず参加ではないものの、気になりますよね。

また、上記した物にプラスして、夏祭りの係であれば、準備や話し合いのために何度も幼稚園へ足を運ぶ事もあります。

1学期だけで、10回は幼稚園の予定で仕事を休む事が予想されます。それにプラスして、子供が風邪をひけば休む必要があるので、現実的に考えると仕事に影響が出るかもしれません。快く職場が引き受けてくれれば助かりますが、中には嫌な思いをすることのあるかもしれません。

このように、幼稚園型こども園は、ほとんどの行事が保護者主催であり、回数も多いのが特徴と言えます。バザーやお祭りだけでなく、遠足も親子で参加する場合があります。

スポンサーリンク