夏にぴったり!子供が喜ぶカンタン麺レシピ

かわいく盛られた麺

長い夏休みが始まると毎日の食事のメニューに困ることも多いと思います。あまりの大変さに毎日学校で給食が出てた日々をありがたく感じますよね。

そんな大変で暑いときに簡単に美味しくできるのはやっぱり麺料理。特に子供たちはパスタにそうめん、うどんなどの麺料理が好きですね。

それでも麺料理はやっぱりワンパターンになりがち。そうめんや冷やし中華、冷やしうどんなどをローテーションで作っても「またそうめん~?飽きたよー」なんて言われてしまいます。

そんなマンネリに困っているママのために、暑い時でも簡単に作れて子供が喜ぶ麺料理をご紹介します。

スポンサーリンク

夏はやっぱり麺レシピ。麺をつるつるおいしく作るコツ

夏の麺料理は意外にバリエーションが楽しめます。パスタも素麺もうどんも和洋中のどんなトッピングも好相性なのがうれしいですよね。

冷たい麺レシピに共通するコツは麺を茹でてざるに上げたあと、必ず冷水で流しながらもみ洗いすること。そうすると表面のぬめりが取れて、麺がしゃっきっとします。

食べた時の食感とのど越しが違うのでぜひ試してみてください。それでは以下に簡単に美味しく作れる麺レシピをご紹介します。

火を使わないツナサラダそうめん

麺を食べるときにありがちなのが、炭水化物である麺ばかり食べてしまって野菜やたんぱく質などの栄養素が不足がちになることですよね。

やはり野菜やたんぱく質が不足すると夏バテしやすくなりますし、子供たちもパワーがでません。そこで茹でたそうめんの上にトマトや茹でもやし、オクラやシソなどの夏野菜とツナをトッピング。麺つゆをかけて最後にごま油をひと垂らしするとよりおいしいです。

スポンサーリンク