産後の骨盤体操はいつからいつまですればいい?その効果は?

赤ちゃんと体操する母親たち

出産後気になることの一つは、体型をいかにしてもとに戻すか!出産で開ききった骨盤によって、腰回りからお尻にかけてが大きくなりいわゆる下半身太り状態。可愛い我が子を必死の思いで産んだための代償とはいえど、どうにかしたいものです。

そのためには骨盤体操が必須!いったいいつから始めて良いのか、またその効果はいかほどなものなのか、をまとめてみました。

スポンサーリンク

産後の骨盤はどんな状態?

実は出産時、ママの身体ではリラキシンというホルモンが分泌されることによって、ありえないほど骨盤が開くのです!そのため、赤ちゃんが産道を通ることができるようになるというわけです。

通常、骨盤は自らもとに戻ろうとするのですが、ママが無理をしたり出産後姿勢が悪い状態で過ごすともとに戻りづらくなってしまいます。だから、産後はゆっくり身体を休めたほうが良いといわれるわけですね!

骨盤が広がった状態だとどんな影響がある?

骨盤が広がったままだと、身体に様々は影響が出てきます。骨盤は身体の支柱である背骨を支える大切な骨ですので、不調が出るのは当然ですよね。

お腹周りに余分なお肉がついてしまったり、背骨が曲がってしまうので腰痛や肩こりにも悩まされます。

また、それらによる頭痛、そして身体の冷えやむくみ、腸内バランスが崩れ便秘がちになったりもします。これらが続くと肌荒れなどの美容にも関係してきますので、悪いことづくめですね。

骨盤体操を始める時期は?

産後、激しい運動はできないけれど早くから骨盤の矯正に取り掛からないと体の不調にも影響するため、難しいところです。

なので入院準備グッズのひとつに骨盤ベルトを指定指定する病院が多いと思いますが、激しく動けないうちは骨盤ベルトを巻いておくことは非常に重要です。しっかりとした骨盤体操は、産褥期を過ぎた2ヶ月ごろから始めるといいでしょう。

また産後6ヶ月までの間は骨盤矯正のチャンスですが、それをすぎると骨盤が閉じた状態になってしまい、矯正が難しくなります。産後2~6ヶ月の間を目安に少しづつ初めてみてください。

骨盤体操の効果は?

骨盤体操をしっかりと、正しく行うことで妊娠前の身体の不調やダイエット、体型矯正にも大きく役に立ちます。

スポンサーリンク