子供になかなか友達ができない…親として何をするべき?

一人で座る子供の後姿

子供にはたくさんの友達と関わって、人とのつながりや思いやりを学んでほしいと思っている親はたくさんいます。しかし、その意に反して子供に友達ができないことを心配してしまうこともあります。

子供が友達を作らない理由や、親としてすべきことについてまとめてみました。

スポンサーリンク

友達が少ないのは育ちのせい?

自分の子供に友達がいないとわかれば、親としては心配になることがほとんどだと思います。それは子供のこれからや性格を作り上げる上で必要な事だと、誰もが思っているからです。

子供に友達ができないのは、何か悪い部分があって、何か原因があるのではないかと考えてしまう人が多いです。そして、自分の育て方が悪くて、子供が友達を作らない人間になってしまったのではないかと、責めてしまうこともあるかもしれません。

子供に友達ができないのは、すべてがすべて親の責任ではありません。元々生まれ持った体質のせいかもしれません。

子供は必ずしも友達を作らなくてはいけない、という決まりはありません。もし子供がそれで困っている様子でないのであれば、そこまで気にせずに子供の個性だと思ってあげて良いでしょう。

友達の作り方がわからない場合もある

子供に友達ができないのは、もしかしたら友達の作り方がわからないという場合もあります。子供にとって友達というのは、とても重要な役割をしますが、その作り方を教わる機会というのはなかなかありません。

自分から何もすることができないような子供に育つと、自分から友達に話しかけることができない可能性が高いです。

こういった場合は幼いうちであれば直していくことができますが、年を重ねていくほど偏屈に考えてしまいがちです。

子供が自分で何もできないような、人間として出来上がってしまう前に、自分から勇気を振り絞って友達を作る方法について教えてあげましょう。

子供の友達作りにどこまで首を突っ込む?

子供がなかなか友達を作れていないとなると、親としては「友達を作りなさい」と共生してしまうことが考えられます。しかし、子供にとって友達が必ずしも必要なものではない場合、それはただの負担にしかなりません。

スポンサーリンク