嫌と言えない子供はこのままで大丈夫?原因と対策について

口を塞ぐ子供

自分の子供を優しい人間に育てたいと思う人は、多いですよね。しかし、その優しさが反対にノーとは言えない人間を作り出す原因になっている可能性があります。

子供が嫌といえない性格になってしまう原因と、その対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

小さい頃からノーといえないのは危険

自分の子供がとても優しくていい子、そう思っていても、実は嫌だといえない子供になっている可能性があります。友達におもちゃを取り返されても嫌といえず、自分がやりたいことがあっても、周りの意見に任せてしまうような子供は、注意が必要です。

小さいうちから嫌だといえない子供は、将来的にもそうやって育っていく可能性が高いです。嫌だといえない子供は、無理しやすくストレスをためやすくなります。

自分がしたいことをしたいといえないということは、小さくても負担が大きいのです。子供がもしも小さいうちからそうなっている場合は、危険な状態なのです。

本来子供というのは、わがままであるべきなのです。親にしつけられてこそ、他人を思いやる心などを身につけていくことになるからです。

小さいうちからノーといえないということは、相当な我慢をしているということなので、できれば直してあげるべきです。

嫌といえないのは育て方のせいかも?

子供がなかなか嫌だといえない性格になってしまったのは、少なからず育ち方が関わってきています。子供を優しい子供に育てようと思うあまり、他人に優しくしすぎて子供の気持ちを考えていない、そんなことはありませんか?

例えば子供がお友達と喧嘩してしまったら、どうしますか?相手の子供に先に謝ったり、理由もわからずに子供を怒鳴ったりしていませんか?子供にとって自分の味方であるのは、親だけなのです。

そんな両親が、他の子供の方をかばっているような姿を見てしまったら、子供はどうしても我慢を覚えてしまうのです。

スポンサーリンク