子供が自分で服を着れるようになるのはいつから?覚えさせる教育法

ボタンをとめる子供

子供のお着替えのお手伝いは、なかなか思い通りに行かないことが多く、時間がかかってしまうことってありますよね。

子供が自分1人で服が着れるようになるには、どれくらいの時間が必要なのでしょうか?子供のお着換えを覚えさせる方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の着替えはいつからできる?

子供に着替えるという概念が、身に付き始めるのが1歳前後です。最初はママにされるがまま着ていきますが、段々とお着替えの段取りについて学んでいくようになります。

段々と上の服を着せる時には、手を上げたり、下を履かせる時には足を上げたりと、どういう方法で着替えをしていくのかということを、理解していくことになります。

そこから自分自身でできるようになるのは2歳~3歳頃だといわれています。この頃になると段々と自分でできることが増えてきます。その中の1つで親がしてくれていたことを、真似するようになってきます。

しかし、まだこの頃はママのサポートが必要になります。全てをお手伝いしなくてはいけないわけではないですが、まだ前後ろがわからなかったり、間違って変な所に手を入れてしまったりします。

子供が完璧に着替えることができるのは4歳~5歳

子供が自分の手で着替えることができるのは、だいたい4歳から5歳頃です。この頃には、洋服の種類や前後、チャックやボタンの開け閉めもできるようになってきます。

この年齢になると、だんだん小学校に上がる準備段階になります。自分の手でできるようなことも増えてくるので、着替えも自分1人で問題なくできるようになります。

スポンサーリンク