親のエゴの塊かも!いい子と都合のいい子の違い

子供を抱きしめる母親

自分の子供は本当にいい子ですか?都合のいい子になっていませんか?子供にとって将来の危険性が高いのが、この都合のいい子になります。

都合のいいことは、親が作り出した偽物のいい子になります。都合のいい子といい子の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

いい子の定理って?

誰もがいい子で会って欲しいと思う親はたくさんいるはずです。しかし実際にいい子というのは、どういう子供のことを言うのでしょうか?成績が良ければいい子でしょうか?親の言うことを聞いてくれる子がいい子でしょうか?

下の子の面倒を見てくれる子がいい子でしょうか?1人で大人しく遊んでくれる子がいい子でしょうか?こういったいい子と呼ばれる子供たちは、すべて親の都合のいい子だということに気づきましたか?

成績が良ければ将来いい大学や会社に入れる、言うことを聞いてくれるのも、面倒見が良い事も、すべて親にとっての都合のいい子ということになりますよね。

いい子の定理って何なのでしょうか?親の言うことを聞くからいい子だというわけではない、親の都合のいい子だからいい子で、都合の悪い子だからいい子じゃないというわけではない、ということを理解しましょう。

都合のいい子だけ可愛がるのはおかしい!

うちの子もいい子になって欲しい!と思う親はたくさんいますが、それは都合のいい子だという意味になります。親にとって手がかからないのが、本当にいい子だとは限りません。

親の都合のいいように動いてくれる子供だけがいい子で、そういう子だけをかわいがるということ自体がおかしいのです。

子供はそれぞれ自分の感情を持っていて、自分のしたいことをします。親のエゴで何から何までさせてはいけないのです。子供が自分のしたいことをしたいといっただけで自分勝手だというのは、おかしい話ですよね。

スポンサーリンク