シングルマザーとして父親の存在はどう説明する?

子供を背負う母親

シングルマザーとして子育てを始めると、父親の存在をどうしたらいいのか迷ってしまうことってありますよね。子供にはどのタイミングでどんな風に伝えていけばいいのか悩むところではあります。

シングルマザーとして育った子供にとっての父親の存在の使え方についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供にとっての父親は必要?

子供にとって父親の存在というのが、シングルマザーにとってはネックになってきますよね。小さい頃から父親の存在を知らないような子供には、少し申し訳ない気持ちも出てくるかもしれません。

子供にとっての父親の存在は、必ずしも必要だというわけではありません。父親という存在が子供のためになるかどうか、というのは家族によって様々だからです。

父親がいない子供でも、十分まっすぐ育ってくれるはずです。反対に父親がいてもまっすぐ育たないことだってあります。父親がいないから子供がまっすぐ育たないということはないので、心配する必要はありません。

大人の男性を知ることは必要

子供にとって父親という存在は必要ないかもしれません。しかしお父さんのような存在の人はいた方がいいでしょう。どういうことかというと、特に男の子の場合は父親がいなくても、男の人はどうあるべきなのか、について学ぶことになります。

だからこそ、父親でなくても自分の男兄弟や姉妹の旦那さん、友達の旦那さんなど、ある程度かかわりを持つことができる大人を作っておいた方が良いでしょう。

父親でなくても、子供が男としての悩みを持った時に相談することができたら、子供はきっと心が救われるはずです。だからこそ、そういった頼ることができる男の人の存在は近くにあった方が良いでしょう。

ただし、お母さんの彼氏という存在は子供にとって、とてもデリケートな存在になるので、わざわざ作る必要はありませんよ。

子供に父親の事実は話した方がいい?

過程によって父親事情というのは違ってくると思います。小さい頃に離婚したり、元々結婚していなかったり…。こういった場合どのタイミングで子供に説明したらいいのか、迷うところですよね。

スポンサーリンク