子供が失恋でショックを受けていたら?親の対応

割れたハートと悲しむ子供

思春期に差し掛かってくると、子供が恋愛感情を持つようになり、それによって失恋してしまうようなこともありますよね。

子供が辛い状況の時に親ならどんな言葉をかけてあげるべきなのでしょうか?子供が失恋した時の親の対応についてご紹介します。

スポンサーリンク

失恋のピークは1週間

子供が失恋して食事も食べたくないほど、落ち込んでしまうこともあります。思春期にはこういったことがたくさん出てきます。子供にとっては本当に辛い時間を過ごすことになります。

失恋で辛い時間はだいたい1週間程度だといわれています。最初の3日間はとても辛い期間で、食事がのどを通らないようなこともあるようです。

それからだんだんと少しずつ立ち直っていき1週間たつとだんだん落ち着いてくるようです。最初の1週間の間はどうしても落ちるところまで落ちてしまう可能性もあります。

食事を取らずに心配になってしまうこともありますが、それでも無理矢理食べさせる必要はありません。きっと無理に食べさせてしまうと、胃に負担がかかってしまう可能性もあるからです。

段々と食欲は取り戻してくると思うので、子供が食べたいと思ったら食べさせるようにしましょう。

失恋した子供になんて声をかける?

子供が失恋してショックを受けている時、親としてはどんな言葉をかけるのが正解なのでしょうか?子供の恋の内容についてはあまり触れない方が良いでしょう。好きだった人のことを悪く言うのも良く言うのも子供にとってはあまりいい印象ではない可能性が高いからです。

子供に声をかけるのであれば、『みんなそうやって、運命の人を探していくんだよ』というような、人生の先輩としての声掛け程度にしておいた方が良いでしょう。落ち着くまでは子供1人で過ごしていった方が良いでしょう。

スポンサーリンク