育児日記は付けた方が良い?書き続けることのメリット

ベビー用品とノート

子供を産んでから、子供について書き留めたいと思うことってありますよね。そんな時は日記を付けるのがおすすめです。

子育て日記を書き続けることで得られるメリットは何なのでしょうか?さらに育児日記の書き方についてご紹介します。

スポンサーリンク

子育て日記のメリット1.子供の体調の変化がわかる

育児日記を付けるメリットの1つ目は、子供の体調の変化のヒントになるということです。子供の体質というのは育っていく段階で段々とわかっていくものです。

子供の体質を理解するためにも、子供がどんなことで具合が悪くなったのか、どんなことがあって体調に変化があったのかなど、書き留めることはとても大切になります。

子供にとっても親にとっても重要なものになってくるので、小さいうちは特に日記として書き留めておいた方が良いでしょう。

子育て日記のメリット2.次の子供のために役に立つ

子育て日記を付けるメリットの2つ目は、次の子供のために役に立つということです。1人目を産んでも時間が経てば子育てのことも忘れていってしまいます。

下の子を育てていく上で、どうしてたかな?と疑問に思った時の為に日記として残しておくことはとても大切です。次の子供を育てるための参考にするためにも、成長記録はしっかりと取って、残しておくことが大切になります。

子育て日記のメリット3.子供の記念日がわかる

子育て日記のメリットは、子供の記念日がわかるということです。小さいうちは特に歩き出した記念日、話し出した記念日など、様々な初めて記念日がやってきますよね。子供の成長はとても早いです。そして時に育児でつまずいてしまうこともあります。

そういったときにこういった過去の記録を見ると、何となく力になりますよね。子供が小さい頃に初めて歩き出した記念日や話した記念日を思い出すと、きっと何かが変わるはずです。

育児や家族関係に行き詰ってしまった時こそ、こういった日記を見て過去と向き合ってみるというのもとても良いと思います。

スポンサーリンク