『三つ子の魂百まで』といわれる理由は?三歳までに心がけたいこと

両親と遊ぶ子供

ことわざで『三つ子の魂百まで』というものを知っていますか?これは子供を育てる上で最も知っておきたいことわざになります。

このことわざの意味とそういわれる理由についてご紹介します。また子育てで心がけていきたいことについてもご紹介します。

スポンサーリンク

『三つ子の魂百まで』って何?

『三つ子の魂百まで』ということわざは、3歳までに作られた性格や体質は、100歳になっても変わらないという意味です。

子供のすべてが3歳までに決まるといっていることわざになります。3歳から先も色々な体験をしたり、環境が変わったりすることもあるかもしれませんが、根本の性格に関しては3歳までで決まるといわれていることわざです。

3歳までの教育が大切だということは聞いたことがありますか?それはこのことわざから来ているといわれています。昔から語り継がれているように、今でも3歳までの教育が非常に大切にした方が良いといわれています。

生まれてから3歳になるまでに子供は急激に成長していきます。そのためこの期間を1番大切にするべきだといわれています。

3歳までの子育てには愛情が大切

子供を育てる上で3歳までに心がけたいことがたくさんあります。まずは愛情拓さんに育てるということです。子供にとって愛情というのは最も成長に必要とされるものになります。だからこそ、なるべく子供にはたくさん愛情を注いで過ごすようにしましょう。

子供となるべく一緒にいる時間を持った方が良い時期ですが、仕事となるとそうはいきませんよね。忙しいとしても、子供と一緒にいることができる時間を大切にしてください。

そうすることで子供にとって親の存在というものが、絶対的なものに変わっていくはずです。

3歳までに様々な経験をする

3歳までに子供に色々な経験をさせるということはとても大切な事になります。子供の頃から色々な事に触れて、色々な事に興味を持つと、心豊かに育つといわれています。

自分でやりたいと思ったことをやって、得られる喜びや辛さなどを小さい頃から体験させておくことで、失敗を恐れないような子供に育っていくはずですよ。

スポンサーリンク