子供の共感力を育てるには?思いやりのある子供に育てる方法

動物を一緒に見つめる子供

子供に優しい人間に育ってほしいと思うのは、誰もが感じることです。人に優しくするということは、誰かに共感する力をつける必要があります。

子供に共感力をつけさせるには一体どうすればいいのでしょうか?子供の共感力をつける方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

共感力とは?

共感力とは、相手の気持ちを理解して、共感する力のことを言います。子供に共感力を身につけるということは、自分に感情があるように相手にも感情があるということを教えることになります。

子供は小さい頃から親と一緒に過ごしてきます。そこでは自分の感情主体で動くことになりますよね。しかしそれから幼稚園や保育園に入ることで、たくさんのお友達ができることになります。

今まで親と一緒に自分主体で生活してきた子供にとって、共感力を身につけるということはこの段階から考えていかなくてはいけません。

友達と遊ぶようになればわかるだろうと思っていても、実際にそれがわからずにそだってしまう人間もいます。だからこそ、親が小さい頃からこの共感力を子供に教えてあげる必要があります。

子供に共感力をつけさせるために

子供に共感する力をつけさせるためには、まず感情をオープンにして接することが重要です。大人は子供に対して感情をぶつけるということはあまりありませんよね。

だからこそ子供はなかなか感情を理解することができないのです。そういった場合子供に相手にも感情があるということを理解させるには、親の感情を表に出すことが最もいい手段なのです。

子供が何かをしてくれたら、嬉しいという感情を子供に伝えてみましょう。反対に子供に何かをされてしまいそうになったら、しかるのと一緒に悲しいという感情も伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク