自己主張はどれくらいする方が良い?子供の性格形成で重要な事

両手を上げる子供

子供の自己主張はどれくらいですか?強すぎても大変ですし、しなすぎても心配になりますよね。子供の自己主張はどれくらいがちょうどいいのでしょうか?

さらに自己主張が強すぎる場合となさすぎる場合の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の自己主張は強いくらいでいい

子供が小さい頃は、できるだけ自己主張が強い方が良いです。なぜかというと、これからたくさんの人と出会って、相手の気持ちや思いやりというものを学ぶ機会が出てくるからです。

自己主張が激しいとしても、それは今だけのことで、成長するにつれてだんだんと少なくなっていくはずなので、あまり心配する必要はありません。

逆に心配になるのは、自己主張が全くないパターンです。あるものは減らしていけばいい話なのですが、ないものを増やす方が大変です。

自己主張をほとんどしないまま育ってしまうと、これから先たくさんの人と関わるたびに、さらに自己主張をしなくなってしまう可能性があります。そうなると人間関係がうまくいかなかったり、自分の中でストレスが溜まってしまったりする可能性があるので、小さい頃から自己主張がなさすぎる子供は注意した方が良いでしょう。

自己主張が強い場合の対処法

子供の自己主張が強いと、親としても直さなきゃいけないと思うものです。ある程度の自己主張は必要ですが、強すぎると将来にも影響しかねないので、気づいた時に少しずつ教えていくようにしましょう。

自己主張が激しいという子供は、他人の気持ちよりも自分の気持ちを優先してしまうクセがあります。これをまずは実感させて、人の気持ちを考えるクセに変えていく必要があります。

子供の自己主張が激しいと思ったら、これがダメ、というのではなく、もしそうされたらどんな気持ちになるかな?というように、考えさせることをしてみましょう。

スポンサーリンク