自分に合わないことは諦めてしまう子供…。原因と対策は?

諦めの表情の子供

子供が自分には合わないと思ってしまったこと対して、すぐにあきらめてしまっては今円か?自分ができないことや嫌いなことは、誰でも嫌な気持ちになるのは当たり前ですが、それをあまりにも増やしてしまうと、子供は何もやらない人間になってしまいますよね。

自分に合わないことはあきらめる癖がついてしまった原因と、対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供が諦めてしまう原因1.自分の力をわかっている

子供が諦めてしまう原因の1つは、自分の力どれくらいかということを理解している場合です。子供にはとても珍しいですが、自分にはできないことをあえてやらないというような子供も中に入るのです。

これは自分がどれくらいの能力を持っているかということを理解しているので、無理な力は使わないような、省エネ生活をしている子供の場合です。

自分の力がこれくらいだとしたら、できないことをやっても無駄だと考えてしまうので、できないことをあきらめてしまいます。

これは小さい頃からの積み重ねではありますが、自己分析がとてもうまいといえます。それが良い事は悪い事かは別にして、頭の回転は速いかもしれません。

子供が諦めてしまう原因2.親が理由

子供が諦めてしまう原因が、親の責任の場合があります。子供にとって親は本当に強く影響するということです。子供にとって小さい頃からの積み重ねというのは、後々こういうことで出てくることあります。

小さい頃に子供が何かに挑戦しようとしてきたことを、親が阻止したというような経験はありませんか?その結果自分は何をやってもできないと思い込んでしまうのです。そうなってしまうと子供は、嫌な事や自分に合わないような事が出てくると、すぐにあきらめてしまうような人間に育ってしまいます。

子供が諦めてしまう原因3.親の性格

子供が諦めてしまう原因は、親の性格が影響している可能性が高いです。子供にとって親というのは、鏡のようなものになります。子供がそういった態度をとっているのは、親が常に諦めやすい正確なせいなのかもしれません。

スポンサーリンク