自分がダメだと思っているママあるある!うっとうしいママへの対処法

悩み相談する女性

ママ友の中には「私はダメな母親」「こんな母親は子供がかわいそう」「なんで理想的な母親になれないんだろう」など、自分を必要以上に追い込むママ友がいます。

そんなママに対して初めは「そんなことないよ」など励ましていたママ達も、いつしか疲れてしまいウンザリとしているのではないでしょうか?

そこで今回は、自分はダメだと言っているママの特徴あるあると対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

そんなことないよ!と励まされたい

ママ友の中には、「そんなことないよ!○○ママは頑張っているよ!」と、言われることで励まされたい、褒められたいと思っている方もいます。そんな欲を満たすために、自分はダメだとわざわざママ友の前で言っているのではないでしょうか?

しかし、そんなママにいちいち対応をしていると、会うたびに落ち込んだ話しかしないので一緒にいても楽しくなくなってしまいますよね。そんなママ友への対処法は「そんなことないよ~」というのではなく「そうかもね~」と、伝えてみてはいかがでしょうか?

実際に言うには勇気がいるかもしれませんが、「そうかもしれないね~」と言われると、ママ友は自分が思っている答えが返ってこないと嫌な気持ちになります。

そのときに嫌味ではなく、サラッと伝えてしまえば「こんなことを言っても私はいい気持ちになれない」という思いになって、自分のことを悪くいうことがなくなるはずです。

ネガティブな気持ちをポジティブに言い換えてあげる

ネガティブなヒトは、太陽のようにポジティブなヒトの言葉がとても苦手です。「私なんて子供にすぐに叱ってしまうし、怒鳴ってしまう」と言われたならばとびっきりの笑顔で「それだけ自分の労力を使って子供のためにできるなんてすごい!」と、言い換えてあげましょう。

スポンサーリンク