口が臭いのはなぜ?赤ちゃんの口臭の原因と対処法

鼻をつまむ赤ちゃん

歯磨きの習慣もあるはずなのに、お子さんの口が臭いと感じたことはありませんか?楽しそうに話をしている子供の口の臭いが気になって、今後が心配になってしまいますよね。

子供の「口臭」には、様々な原因が考えられます。そこで今回は子供の「口臭」を原因別に分けながら、対処法を考えてみましょう。

お子さんの「口臭」がきついと感じる方は、こちらの記事の対処法を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

口臭の原因に多い「虫歯」

まず、子供の「口臭」に最も多い原因をご紹介します。それは虫歯や歯周病といった口の中のトラブルです。虫歯には「ミュータンス菌」と呼ばれる虫歯の菌が付着していて、その菌が口臭の原因になります。

また子供の歯は大人の歯よりも弱く、きちんと歯磨きをしていても歯垢が残ってしまい、虫歯になってしまいます。

甘いものばかり食べていたり、手を抜いて歯を磨いていると直ぐに口臭が臭くなってしまうので注意しましょう。

特に夏は甘くて冷たい飲み物やアイスクリームを食べて歯を悪くしてしまう子供が多いので、食べたら歯を磨く習慣をつけてあげましょうね。

子供の口内の「唾液」に問題あり

口内の唾液が少ないと、口の中が乾燥して菌が発生します。口呼吸ばかりしていると乾燥し、唾液の量が少なくなってしまいます。唾液は悪い菌から口内を守る働きがあるので、減少してしまうと口臭を悪化させてしまうのです。

「口呼吸ばかりしている」「口の中が乾燥しやすい」お子さんは、唾液の量が原因で口の中が臭くなってしまうのかもしれません。

「膿栓」は耳鼻科へ

虫歯になっていないのに口臭がひどい場合は膿栓(のうせん)が原因かもしれません。扁桃腺の後ろ辺りから「臭い玉」と呼ばれる白い塊のようなものが出てきたことはありませんか?

スポンサーリンク