赤ちゃんのでべそはいつ治る?治療法は?手術しかない?

赤ちゃんのおへそ

自分の子供のお腹を見て、なんだかぽっこりと出ているような違和感を覚えたことはありませんか?その違和感はもしかしたら「でべそ」が原因かもしれません。

多くの赤ちゃんに現れる「でべそ」ですが、意外と知らないことも多くて不安に感じてしまいますよね。実際「どうやって治すのか」と聞かれた時に、具体的に答えられる方は少ないと思われます。

今回は赤ちゃんの「でべそ」に関する情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんは高確率で「でべそ」になる!

赤ちゃんの5人から10人に1人の割合で「でべそ」になります。大人から比べるとこの数字はとても高く、驚いてしまいました。

更に、生まれた際に1500gに満たない小さな赤ちゃんの「80%」がでべそになっています。これだけの数の赤ちゃんがでべそになるわけですから、急いで対処する必要はなさそうですね。

そして、もっと驚いたのはでべそになった子供の90%が「1歳までには自然に完治する」というデータです。高確率ででべそになりますが、反対に綺麗に治る確率も高いようですね。

赤ちゃんの「でべそ」は2種類

赤ちゃんのでべそは2種類あり、1つは「臍(さい)ヘルニア」、そしてもう一つは「臍突出症(さいとっしゅつしょう)」です。「臍(さい)ヘルニア」はへその下にある腸がへそを押し上げている状態のことをいいます。

泣いたり、トイレをする際に力んだりするとお腹に力が入りますよね。その「りきむ力」が腸を押し、でべそになってしまうのです。腸が出っ張っているだけなので、押すと中に引っ込むのが特徴です。

スポンサーリンク