赤ちゃんのでべそはいつ治る?治療法は?手術しかない?

赤ちゃんのおへそ

多くの赤ちゃんのでべそはこの「臍(さい)ヘルニア」ですが、中には「臍突出症」の場合もあります。見分ける際には赤ちゃんの出べそを押してみて、引っ込まない場合は「臍突出症」と考えられます。

スポンサーリンク

「でべそ」の治療法は?手術が必要?

1歳になるまでには、90%以上の以上の子供の「でべそ」は完治します。しかしながら、完治せずに残ってしまった場合「手術」をすることができます。

これは、赤ちゃんが1歳を過ぎたあとにお医者様と相談することができます。赤ちゃんが「乳幼児医療証」を持っていた場合、手術にかかる費用はありません。また、手術には「全身麻酔」を使い、術後は2日ほどの痛みを感じますが大きな後遺症は残りません。

「でべそ」は見た目に関する問題のため絶対に手術しなければいけない問題ではありませんので、手術するかどうかはご両親の判断となります。小さな赤ちゃんに全身麻酔をかけて手術をするというのは、やはりリスクを感じてしまいますね…。

迷信は信じないで

でべそには「五円玉を貼っておけば治る」という迷信がありますが、この迷信は信じてはいけません。赤ちゃんの肌は大人に比べてとてもデリケートで、少しの衝撃でも湿疹やかぶれの原因になってしまいます。

5円玉をガーゼで貼り付けておくと治るというのは、出っ張ったでべそを中に押し戻す「圧迫」の意味から伝わってきたのだと言われています。

また、同様に「スポンジを貼る」という迷信もありますが、これもあまり大きな効果は期待できないでしょう。でべそが戻る以上にスポンジが原因で肌がかぶれてしまう可能性の方がよほど高いので、注意が必要です。

見た目を気にするなら手術を考えても良い

でべそは特に人体に問題を与えません。あくまでも「見た目」の問題ですので、手術するかどうかはお医者さん、そしてご両親でよく話し合われた方が良いと思います。

女の子のお母さんは特に気にされる方も多いようなので、一度病院の先生にお子さんのでべそについて相談してから、安心を得るというのもオススメですよ。

スポンサーリンク