お子さんに必須!お母さんも嬉しい水筒を選ぼう!

水筒を飲む子供

その昔、まだ小さかった頃の私は「水筒」というものを知りませんでした。幼稚園に入って初めてお弁当と水筒を持たせてもらい、いつまでも冷たい飲み物が入った「水筒」には感動したものです。

小さなお子さんにとって「水筒」は必需品ですし、いいものを選んであげたいですよね。しかし、種類が多すぎてどの水筒がいいのかわからないという方のために、今回は「お子さんにオススメな水筒選びのコツ」をご紹介します。

スポンサーリンク

「子供用の水筒」ってどんな形があるの?

子供用の水筒には様々なタイプがあり、タイプや保温性から選ぶと良いと思います。例えば「どうやって飲むのか」を考えた際に、「直で口をつけて飲むタイプ」の水筒もあれば「ストローがついていてそこから吸うタイプ」もあります。

また「備え付けのコップに飲み物を出して飲む」というタイプもありますよね。サイズ感はどうでしょうか?紐が付いていてお子さんが持って歩いても不便ではないサイズの大きさでしょうか?また、重量感はどうでしょうか?

大きすぎたり、重すぎたりするとお子さんが持っていくのに不便を感じてしまいますね。お子さんの性別や体型に合わせた水筒を持たせてあげましょう。

年齢別に見る「おすすめ水筒」のタイプ

「水筒ってどれくらい持たせればいいのかわからない!」と頭を抱えたことはありませんか?実際「今日の飲み物少なかった…」としょんぼりとして帰ってくる子供を見ているとなんだか悲しい気持ちになってしまいますよね。

一般的には「年齢×100ml」の量の水分が入る水筒を持たせてあげると安心です。夏場だったりお子さんの体が大きい場合には、もう少し持たせてあげても良いと思います。

保育園や幼稚園に通うお子さんなら「直飲みできる水筒」か「ストロータイプ」の水筒が良いと思われます。理由はコップを使うとこぼしてしまったり、一度に飲みきれない量を注いでしまって無駄になってしまうからです。

小学生以降のお子さんには「直飲みできる水筒」か「コップで注ぐタイプの水筒」を持たせてあげましょう。

3歳~6歳におすすめ!「サーモスのストロータイプ水筒」

水筒と聞いて「サーモス」を思い出す方も多いと思います!海外からもかなりの人気を誇り、その保温性は数ある水筒の中でも群を抜いていますね。内容量は400mlと少々少なめですが、この頃のお子さんにはちょうど良いでしょう。

スポンサーリンク