どのくらいの量?あげるタイミングは?赤ちゃんの水分補給について

水を飲む赤ちゃん

年々、40度を越える猛暑日が続いています。熱中症で緊急搬送されている方や、ニュースでも子供の集団での熱中症が話題になっていますよね。

子供は大人よりも地面に近い分、体感温度が高いとされています。大人でもへばってしまうような暑さですので、まだ小さな赤ちゃんのいる方は心配だと思います。

今回は「赤ちゃんの水分補給」についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

実は赤ちゃんと大人は○○の数が一緒!

一般的な成人の場合、体の約「60~70%」が水分です。では赤ちゃんは体の何%が水分だと思いますか?実は、赤ちゃんの体の「80%」が水分なんです!あんなにちっちゃい体のほぼ全部が水分で出来ているなんて驚きですよね。

そして、もう1つの驚きポイントは成人と赤ちゃんでは汗の出る場所「汗腺」の数が「全く同じ」なんです。ということは、赤ちゃんも大人と同じくらいの割合で汗をかいているということになります。

こう考えると、赤ちゃんに水分がたくさん必要な理由が分かりますよね♪

どのタイミングでお水を飲ませる?

授乳以外での水分補給のタイミングがわからないという方は、赤ちゃんの体に十分な水分が残っているかどうかを考えてみましょう。

例えば「大量に汗をかいた」など、目に見えて水分が外に出た場合には赤ちゃんの好きな量の飲み物を上げてください。

また、汗ではありませんが「泣く」や「お風呂上がり」「発熱」なども赤ちゃんの体から水分を奪う原因となります。

夏場は外に出ているだけで体力が失われてしまうため、できるだけ小まめに水分を上げてください。

赤ちゃんにこんなサインが見えたら要注意!

赤ちゃんの体に水分が足りていないサインを見逃さないようにしましょう。水分不足の場合、赤ちゃんの肌がカサカサしていたり、ひび割れが出てしまいます。

スポンサーリンク