辛いし限界…。共働きしながらの子育てをうまくこなすスケジュールの立て方

パソコンをする両親と子供

仕事に子育てに、お母さんとお父さんは日々悪戦苦闘!特に共働きをしている場合、子育てを上手く両立させることって難しいですよね…。

旦那さんにはイライラしてしまうし、言うことを聞いてくれない子供にあたってしまいそうで、何よりそんな自分のことを否定してしまいがちです。

そんな共働きをしている方に「子育てを少しでも上手くこなせるスケジュールの立て方」をご提案します。

スポンサーリンク

生活のどこに中心を置くか考える

例えばですが、昼から夕方にかけて仕事をしている方は「1日」のどこを中心にしてると思いますか?それは「朝」だと思います。掃除、洗濯、食事の用意と時間のかかる作業を朝方にやって、そのまま仕事に向かい、そして夜に1日のまとめをするという形だと思います。

朝方の生活に慣れてしまうというのが1番効率の良い家事の仕方だという方もいますが、私はそうは思いません。

何故かと言うと、朝に家事を終わらせ、その後に仕事に行って、さらにまた夜に家事をするとなるとお母さんは「1日中動きっぱなし」になってしまうからです。

まとめると、ある一定の時間に集中して家事をこなすというのは、精神的にも体力的にも良くはないということです。

「選択」がスケジュールを大きく分ける

では、具体的にはどのような生活スタイルが負担をかけないのでしょうか?仕事の内容や時間に個人差があるため、細かい正解の形は見つけることができません。しかし、どのお母さんにも共通して言えるのは「選択」を迫られる時がある、ということです。

例えば、皿を洗う時間がどうしても取れない場合は「誰か頼んでやってもらう」「自分の寝る時間を割いて食器を洗う」「自動食器洗いを購入して手間を省く」という選択肢が出てきます。

お子さんがお手伝いをしてくれる年齢の場合は、皿洗いを頼むのも良いと思いますし、自分に余裕があれば自分の手で洗うのも良いと思います。

スポンサーリンク