いつから赤ちゃんとペットは生活できる?うさぎや鳥などおすすめのペットは?

犬と戯れる赤ちゃん

海外では昔から「赤ちゃんと一緒にペットを育てると心が豊かになり、優しい子供に育つ」と言われています。

動物は赤ちゃんを「自分が守るべき対象」だと認識し、そしてお子さんはペットを「大切な家族の一員となり、命の大切さを教えてくれる存在」だと認識します。

では、一体いつ頃から赤ちゃんとペットは一緒に生活できるのでしょうか?また、犬や猫以外におすすめのペットは?ここでは、子育て中の「ペット」に関するさまざまな情報をご紹介します♪

スポンサーリンク

どんな時期から飼い始めるのがベスト?

乳幼児期はお子さんに対して一番時間を使う期間となります。目を離すことができないほど小さなお子さんがいるご家庭に、まだ赤ちゃんのペットが来てしまうと両立が難しくなってしまうでしょう。ペットの赤ちゃんも人間の赤ちゃんと同様に、ご飯やトイレのお世話が必要になります。

また、しつけが十分にできていないと家の中でトイレをしてしまったり、警官心が強く無駄吠え、威嚇行動が目立つようになります。それに加え、赤ちゃんがペットを叩いたり、ペットのご飯や排せつ物を誤って口の中に入れてしまうこともあるので注意が必要です。

こういった理由から、乳幼児とペットの赤ちゃんを一緒に飼うことはあまりおすすめできません。

4~6歳がベスト

ペットを飼う時期はお子さんが幼稚園に入園する時期、4歳から6歳頃がベストだと思います。その頃になると、お子さんは動物や人の気持ちを理解しようと一生懸命になります。

そして自分の感情だけで動くのではなく、相手に対して「どんなことをしたら嬉しいのか、嫌なのか」の判断が付くようになります。

4歳から6歳までの間にペットの赤ちゃんを飼い始めると、まるで弟や妹ができたように感じますし、逆に今まで飼っていたペットはお子さんの良いお兄ちゃん、お姉ちゃんになってくれるでしょう。

危険性はあるの?

免疫力の低いお子さんと、ペットを一緒に飼っていいのだろうか?と心配な方もいると思います。調べたところ、清潔な場所で育ったペット(家の中など)の場合は赤ちゃんが病気になる心配はないそうです。

スポンサーリンク