逆子体操の効果と危険な方法とは?

体操する妊婦

妊婦健診で医師から逆子と言われる方は珍しくはありません。その際に、逆子体操で逆子を治す場合、本当に効果があるのか気になるという方。

実際、逆子体操は正しい方法で行なうことで、効果があると言われています。しかし、逆に誤った方法で行なうと、危険を伴う場合もあるので注意が必要です。

そこで、ここでは逆子体操の効果と、危険な方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

逆子になる確率とは?

赤ちゃんはお腹の中にいる時、子宮口に頭を向けている状態が通常です。しかし、まれに子宮口と反対側に頭を向けてしまう赤ちゃんがいます。その状態を逆子と言います。

妊娠初期から赤ちゃんが大きくなるまでは、お腹の中で自由に向きを変えられることから、逆子の確率は30%~50%と言われています。しかし、妊娠後期になると赤ちゃんの頭が重くなることから、自然と頭が下に向くようになります。

その過程で頭が下を向かなかった赤ちゃんは、体が大きくなってからだとお腹の中で身動きが取れず、逆子になってしまいます。妊娠後期の逆子の確率は、3%~5%です。では、逆子を治すためにはどんな方法があるのでしょうか。

逆子体操の正しい方法とは?

逆子を治すためには、逆子体操が効果的と言われています。その主なやり方には、胸膝位、ブリッヂ法、側臥位、シムスの本位、などがあります。

時期としては、妊娠30週から始めても良いとされています。1日1回、夜に行なうのが効果的と言われています。ポイントとしては、無理のない程度に行なうということです。

場合によっては逆子体操をしてはいけないことも考えられるので、医師に相談して行なうことをおすすめします。

無理に逆子体操を続けると、危険を伴う場合もあるので、注意が必要です。

逆子体操の危険性とは?

妊娠中は無理は禁物です。逆子体操を行う際も、体に異変を感じたらすぐに中止しましょう。

スポンサーリンク