日本と海外の教育法の違い!日本の子育ては遅れている?流行ってる?

本とペン立てと黒板

日本で子育てをしていると、海外の子育て事情についても気になってきませんか?特に欧米の方の教育との違いが気になるところです。

日本と海外の教育法の違いと、それによって学んでいくべきことについてご紹介します。

スポンサーリンク

イギリスは4歳から小学校に!

イギリスではなんと4歳から小学校に入れるそうです。本格的に始まるのは5歳からのようですが、その1年前から慣らし期間として1年間通うことができるようです。イギリスの教育法は、遊びをメインに下教育をしているということです。

この時期は小学生とは言っても、日本で言う幼稚園生と同じなので、この時期に遊びながら学んでいきます。

とはいっても5歳から義務教育のようなので、この時期から本格的な授業形式がスタートします。椅子や机などはなく、床で授業するようです。

イギリスでは褒める教育法が主流です。子供を叱るのではなく、褒めて伸ばすことでやる気スイッチを押してくれるような教育法です。だからこそ、子供達は自信に満ち溢れていて、授業中も積極的に授業を聞いているようです。

アメリカは飛び級も留年もある

あまりかの教育方針は、日本とは全く逆です。日本人は中学校まで義務教育になります。そのため留年になることはありません。しかし、アメリカは小学生の頃から留年という制度があるようです。

さらにアメリカは本当に学力社会で、いくらでも飛び級をすることができます。学力が高い人は、すぐに上のクラスに行くことができます。

アメリカは日本とは逆で、入るのは簡単ですが卒業するのが難しいと言われています。そのため、留年をしてしまうことは少なくないようです。

スポンサーリンク