兄弟が多い子供への愛情表現はどうするべき?

抱きしめ合う子供たち

兄弟の人数が多いと、どうしても1人1人に対しての愛情が偏りがちになってしまいます。そうなると子供に寂しい思いをさせてしまうかもしれませんよね。

兄弟の多い家庭で育っている子供1人1人に同じくらいの愛情を注いでいくにはどうすればいいのでしょうか?兄弟が多い家族での対処法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

兄弟が多いと接する時間が減る

大家族の親はとても忙しいですよね。1人1人と接する機会は、少なくなってしまいがちです。本当に全員に愛情を注げていますか?下の子ばかりになっていませんか?子供にとっては、親と接する時間が少なくなるのは悲しいですが、その代わり大家族には兄弟がたくさんいます。

兄弟と一緒に過ごすことで、寂しさを少なくすることができています。とはいっても両親の愛情を独り占めできるような、1人っ子に憧れを抱いているような子供は少なくないです。自分だけを見て欲しいと思う子供の気持ちには、少しでも気づく必要があります。

大家族だと見逃しやすいSOSのサイン

子供は自分にとって嫌な事や辛いことがあったら、親に相談したいと思うものです。しかし。実際に大家族になると、子供の変化になかなか気づいてあげられないような事が出てきてしまいます。

子供自身はSOSのサインを送っているつもりでも、忙しい親にとってはそのサインを見逃してしまいがちなのです。

そういったことばかりを繰り返してしまうと、子供は自分の意見を言うのをあきらめてしまう可能性があります。

大家族の1番上がしっかりしているのは、こういうことが当たり前のようにたくさんあったからかもしれません。

子供が出しているサインに気づけないのは、親として情けない事です。後で言い訳しても、それは言い訳にしかなりません。自分が忙しくても子供達としっかりと向き合うことで、小さな変化にも気が付くことができるはずです。

スポンサーリンク