約束が守れない子供はどうしたらいい?原因と対処法

指切りする手

子供に約束事をしていても、忘れてしまうことが多いと悩んではいませんか?子供は大人のようにすんなりと約束を頭にインプットできていないのかもしれません。

約束を守れない子供に約束を守れるようにするための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

約束が守れない原因は?

子供が約束を守れない原因は、基本的には覚えることができていないことが多いです。親としては子供が返事したからわかってくれていると理解していたことだとしても、本人が何となく返事をしていて、意味を理解していなかったということがあります。

子供は注意力散漫であり、気が散ってしまうことが多いので、その中で何かを伝えたとしても本人には伝わっていない可能性があります。子供が受け取る準備ができていない時に、親が何かを伝えると、情報伝達がうまくいかなくなってしまいます。

子供と約束をする時は、流しながら話すのではなくしっかりと目を見て話す必要があります。

子供が約束を覚える工夫1.書いて渡す

言葉を読めることができる子供であれば、文字に書いて渡すことが効果的です。言葉を並べられても、もしかしたら理解していない可能性があります。そういったことがないようにするためにも、文字にして子供に渡すようにしましょう。

そうすると口頭で伝えるよりも覚えやすくなります。言葉を読み書きできるのであれば、メモとして子供に渡すことで、スムーズな情報伝達をすることができるはずです。

しかし、文字が読めない子供にはこれは効果はありません。ある程度大きくなってからの方法として使ってみてください。

子供が約束を覚える工夫2.時間や距離など具体的に

子供が約束を覚えるための工夫の2つ目は、時間や距離など数字を使って覚えさせるということです。子供は文字の羅列を覚えるよりも、数字が含まれている言葉の方が覚えやすくなります。

子供が興味を引く文章にするように、時間や距離などを使って装飾すると良いかもしれません。数字なら文字が読めなくても、何となく理解してくれる子供は多いはずなので、文字を伝えるよりも楽になります。

スポンサーリンク